いつ生まれた?タイムレコーダーの歴史

タイムレコーダーの始まり

タイムレコーダーは企業などで使用され、労働者の出勤時刻や退社時刻を記録する物ですが、世界で最初にタイムレコーダーが誕生したのは19世紀のアメリカです。当時の物は、紙テープに時間を刻む方式で、後でタイムカードを用いて印字する物でした。日本においては、1931年に日本人の発明による電気式のタイムレコーダーで、機械で字送りし時間印字も電気式という画期的なものでした。この発明は総理大臣による奨励も受けています。その後、年々タイムレコーダーも進化を遂げ、時計がデジタル化されたり、パソコンと連動してデーターが取り出せるようになったりして、タイムレコーダーソフトも登場したため集計するのが楽になってきました。

近年のタイムレコーダー

近年はタイムレコーダーも大幅に進化を遂げ、インターネットを経由してクラウドへ勤怠データが送られるようになり、残業時間管理や休日出勤、年休管理などが自動的におこなわれるようになりました。最新の物では、クラウド型の会計ソフトや経理ソフトと連動し給与計算まで自動的におこなわれるようになっています。インターネット回線は最大限に利用され、現在では外出先からスマートフォンやパソコンなどで出社・退社などの勤怠登録が可能になっています。また、タイムレコーダーの不正使用防止のため、従来はICカードや磁気カードでタイムレコーダーに登録していましたが、最近では指紋認証なども導入されるようになっていて不正打刻が出来ないように工夫されています。