分析ができて便利!

勤怠管理システムを活用する

タイムレコーダーに勤怠管理システムを導入することで、さまざまなメリットが生まれます。従業員のデータはもちろん、勤怠情報の集計も自動で管理できるのが魅力です。休暇や残業の申請、シフトの設定など面倒な作業もまとめて行うことが出来ます。従業員へのメール送信、アラートやプッシュ通知といった便利な機能も搭載です。勤務超過を未然に防げるだけでなく、打刻遅れや不正な打刻の防止にもつながります。勤怠データを集計する手間がなくなり、人件費も大幅に削減することが可能です。残業時間や休日出勤の割り増し手当など、人件費もリアルタイムで確認できます。ペーパーレスによるコスト削減や、給与計算の効率化も大きなメリットです。

適正な人員配置を実現できる

勤怠管理システムで分析されたデータを活用すれば、適正な人員配置も実現しやすくなります。勤務時間を作業単位に振り分けられるので、工数管理や業務分析には最適です。従業員の健康管理や働き方のケアなど、労務管理の向上にもつながります。24時間勤務や大人数の集計など、あらゆる業態に対応できるのも便利なポイントです。複雑な勤務体系でも、設定するだけでリアルタイムに勤怠管理が行えます。システムは定期的にアップデートされるので、労働基準法の改正があった場合にも安心です。さまざまなインターフェイスが用意されていて、画面も細かくカスタマイズできます。メールや電話でのサポートがあり、操作方法で迷う心配もありません。